FC2ブログ

奴隷犬~М男の女王様服従記録

女王様とのリアルなSMプレイと生画像を公開しています

プロフィール

M男奴隷

Author:M男奴隷
S女性さま、同嗜好のM男性のみなさま、リアルなSMプレイ、フェチプレイをお楽しみください。

同嗜好のM男性さま、S女性さまからのお便りは大歓迎です。お気軽にコメント頂けたら参考にさせて頂きますので宜しくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター

土曜日のメグさまのご調教-17

2008.03.09

category : メグ女王様



ボクが犬のように四つん這いでご飯を食べていると、
「ご飯だけじゃ味がないワネ、そういえば、オマエ、喉も渇いてるでしょ?」
メグさまはそう言いながら、四つん這いになって食べているボクの顔の前に来てヤンキー座りしました。
ボクの食べている目の前にメグさまの広げられたオ○ンコが見えます。
ご飯を食べながら目の前に女性のオ○ンコが見える・・・なんとも夢のような光景です。
でも、それも束の間、
「味付けしてアゲルワ(笑)」
そう言うと、広げられたメグさまのオ○ンコから、
シュル・シュル・シュル・・・シャーーーッ!!
と、琥珀色の液体がほとばしり出しました。
メグさまのオシッコです。
ボクの顔の前、至近距離での放尿です。
それは、ボクの顔にヒッかかり、ボクの食べているご飯の上からお皿に溜まっていきました。
シャーーーーッ!!
お皿の中はご飯とともにメグさまのオシッコでいっぱいになりました。
「フフッ、どお?これで味が付いたでしょ。『聖水茶漬け』・・・オマエにはピッタリの食べ物ね(笑)・・・ほら!残さずに全部食べるのよ!」
「ハイ・・・」
マゾの食事です、ボクは、メグさまのオシッコに浸されたご飯に貪りつきました。
「どお?美味しい?」
それは、ほとんどしょっぱいオシッコの味しかしません。
「ハイ・・・美味しい、ですぅ・・・」
「フフッ、犬よりも浅ましい姿ね、ほら、食べたら、周りに零れてる聖水も全部啜って綺麗にするのよ!」
「ハイ・・・」
ボクは床に零れたメグさまのオシッコを全部啜って飲みました。

↓楽しんで頂けたらお願いいたしますm(_ _)m↓
d_01.gif

comment(0)  trackback(0)

土曜日のメグさまのご調教-16

2008.03.08

category : メグ女王様



「フフッ、ちゃんと見てもらった?」
「ハイ・・・」
「どお?見てもらった感想は?」
「ハイ・・・恥ずかしかった、です・・・」
「そおよね、オマエがどんな恥ずかしいオトコかって、バッチリ他人に知られちゃったんだもんね?・・・ついでに後ろ向いて、ヘンなモノ入れてるお尻も見てもらえばよかったのにね(笑)」

それからメグさまは一人でお食事です。
メグさまが食事をとる間、ボクは尻にバイブを入れたままメグさまの足元に跪いてメグさまが食事を終えるのを待ちます。
メグさまはプレイのことを考えて、わざとご飯が別になっているミックス定食を注文したようです。
半分ほど食べると、
「オマエもお腹空いた?」
と聞いてきました。
ボクもお腹はペコペコで、喉も渇いています。
「ハイ・・・」
「じゃ、口を開けなさい・・・」
メグさまはそう言ってご飯を口に入れ、その口をボクの顔の上に持ってきました。
ボクがメグさまの口元で大きく口を開けると、メグさまは、タップリ咀嚼して唾液と混ぜ合わせたご飯をボクの口に吐き出してくれました。
初めて味わう固形物の口移し・・・グチャグチャになったお粥のようななんとも言えない美味です。
「フフッ、美味しい?」
「ハイ・・・美味しいですぅ」
「もっと欲しい?」
「ハイ、欲しいですぅ」
メグさまは再びご飯を口に含みます。
メグさまは、ボクに三回ほど口移しをすると、「あとはオマエが食べていいわ」と、ご飯の皿をテーブルから床の上に置きました。
ボクは床に置かれたお皿に、四つん這いになって口だけで犬のように食べました。
d_01.gif

comment(0)  trackback(0)

土曜日のメグさまのご調教-15

2008.02.27

category : メグ女王様



ボクはいそいそと扉のほうに注文の品をとりにいきます。
素っ裸で首輪を付け、尻にバイブを入れられ、そのバイブのリモコンを尻から引きずりながら・・・。
ボクはドアまで行きましたが、こんな姿でドアを開ける勇気が出ません。
躊躇っていると、ピンポーン!、と、催促するようにチャイムが鳴ります。
「ほら!早く出なさい!」
と、メグさま。
「ハイ、い、今、開けます・・・」
ボクはうわずった声で言うと、思い切ってドアを開けました。
注文を届けてくれたのは女性でした。
その女性は一瞬ボクの姿に戸惑った様子で、少し間が空きました。
とても恥ずかしい間です。
でも、そこはこういうホテルです、その女性は何事もなかったように、
「お食事、届けにあがりました」
と、言ってくれましたが、その様子に明らかにとまどいがあります。
ボクは差し出されたトレイを受け取りました。
すると奥から、
「ほら!ちゃんとお礼は言ったの!」
と、メグさまから声がかかります。
当然もうわかっていることですが、その声で改めてボクたちがこの部屋で何をしているのか、その女性に知らせることになります。
「ハイ・・・ありがとう、ございました・・・」
ボクは届けてくれた女性にお礼を言いました。
お礼を言った瞬間、一瞬その女性と目が合いましたが、その目には明らかにボクを蔑んだ表情が浮かんでいました。
その証拠に、ボクがお礼を言っても、彼女は何も言わず、渡すものを渡すとバタンと乱暴にドアを閉めて行ってしまいました。

d_01.gif

comment(1)  trackback(0)

土曜日のメグさまのご調教-14

2008.02.24

category : メグ女王様

↓↓メグさまの綺麗なお身足↓↓


ボクが一回イったので、お腹が空いたというメグさまは、フロントに出前と飲み物を注文し、少し休憩を入れることになりました。
休憩の間、ボクは、ソファーに腰掛けたメグさまの足下の床に座り、メグさまの足を愛撫します。
「・・・あんなのが良かったの?」
「・・・ハイ」
「オナラよ?・・・オナラでイっちゃうオトコなんて初めて見たワ、オマエってホント、ヘンタイ」
「・・・・・・・・・」
「今度、オナラだけじゃなく”中身”も味わってみよっか?どお?」
「そ、そんな・・・無理ですぅ・・・」
「無理なの?・・・嫌とは言わないのね?フーン・・・」
メグさまは、その時はなにか含んだ様子でしたがその後は言いませんでした、でも、メグさまが何を考えたのかはだいたい想像つきます。

その時、ピンポーン!と部屋のチャイムが鳴りました。
注文したメグさまの食事が届いたようです。

ボクはこんな恰好です、当然メグさまが出てくれるもの、と思っていました。
でも、メグさまは、
「ほら、来たわよ」
と、ボクに行かせようとするのです。
「でも・・・」
ボクは躊躇しました。
でも、メグさまは、
「なぁに!反抗する気?!・・・アタシだって下着なのよ!」
と、言いながら、
パシッ!!
と、ボクの頬を思い切りピンタしました。
「早く行きなさい!」
と、メグさま。
もう行くしかありません。
「ほら、そのままの恰好で行きなさい!」
そう言ってメグさまは、今度はボクの尻に、パシン!!と、一発ムチを入れます。
「ちゃんと見てもらうのよ!」
「ハイ・・・」
d_01.gif

comment(0)  trackback(0)

土曜日のメグさまのご調教-13

2008.02.22

category : メグ女王様



「フフッ、ケツの穴が美味しいの?ヘンタイ!・・・ほら、もっと奥まで舌入れてみな!」
「ハイ・・・」
ボクは舌を窄めて肛門の奥まで舌をこじ入れていきます。
ボクは今メグさまの、女性の肛門の中を舐めているのです。
「アア、メグさまぁ~!」
ボクは夢中でメグさまの肛門に吸い付きながらチ○ポをしごきます。
だんだん頭が白くなってきて、もうイク寸前です。
「どお?イキそうなの?」
「ハイ」
メグさまがそう聞きながら少し腰をずらしたので、ボクの舌が彼女の肛門からちょっと抜かれました
その瞬間です。
プスゥ~ッ!
メグさまの肛門からちょっと間の抜けた音が鳴り、ボクの顔に濃いガスがかかりました。
この臭い・・・メグさまのオナラです。
「あっ、オナラ出ちゃった(笑)」
ボクはその臭いを嗅ぐとたまらず、メグさまの肛門に吸い付いていきました。
「メグさま~!もっと、もっとかけて!」
「ハハッ、こんなのがいいの?・・・ヤダッ、オマエって・・・、あっ、もう一回出そう・・・」
「アア、メグさま、してぇ・・・かけてくださぁい!」
ボクはそう言いながらメグさまの肛門にピッタリ口をつけました。
「じゃ、ほら!もう一発出してやるからしっかり嗅ぎな!」
そう言うと、
プゥ~~ッ!!
と、メグさまの肛門から人を嘲笑うかのような高音が鳴り、オナラがピッタリつけたボクの口の中に放出されました。
女性にオナラを口の中にされたのです、この屈辱感・・・Mのボクにはたまりません。
「アアアッ!いい~!メグさま~!イッちゃいそう!イッていいですかぁ?!」
「ヘンタイ!屁こかれてイクの?!・・・いいわよ!・・・ヘンタイ!ほら!イきな!!」
「アアッ!メグさまっ!イ、イクぅ~!!」
ボクはそう叫ぶと、おびただしい量の白いモノを噴き上げてしまいました。

↓↓顔面騎乗しながら上からメグさまが撮りました↓↓
IMGP0884-W600SM.jpg

d_01.gif

comment(0)  trackback(0)

Old |  to Blog Top |  New
                       M男憧れの大迫直子女王様 長身の千晶女王様です↓                        この黒ギャルに弄ばれたい 梅宮リナさま、こんなギャル系美女に弄ばれたい 梅宮リナさまのドSっぽい台詞が素敵

Copyright ©奴隷犬~М男の女王様服従記録. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.