FC2ブログ

奴隷犬~М男の女王様服従記録

女王様とのリアルなSMプレイと生画像を公開しています

プロフィール

M男奴隷

Author:M男奴隷
S女性さま、同嗜好のM男性のみなさま、リアルなSMプレイ、フェチプレイをお楽しみください。

同嗜好のM男性さま、S女性さまからのお便りは大歓迎です。お気軽にコメント頂けたら参考にさせて頂きますので宜しくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

メグ女王様とのプレイ

2008.01.24

category : メグ女王様

今日は久しぶりにメグさまからお呼出しがありました。
今日も何発もピンタされました。相変わらずのきついピンタは素敵で、恍惚としてしまいます。
いつものようにご褒美に、その素敵なヒップで顔を押し潰してもらいながら、ボクはオ
ナニーで果てるところをたっぷり見ていただきました。


メグさまとは『某有名出会い系サイト』で知合いました。
出会い系サイトは初めてではありませんが、初めての女性に会うときはいつも緊張しま
す。
ボクのようなSMプレイ希望のM男は尚更です。
どんな女性が来るのでしょう?、どんなことをされるのでしょう?、相手の女性にその
場で嫌われたら?・・・会うまでは不安のほうが先にたちます。
しかも、その時約束したメグさまはSMプレイ初体験ということなのです。
でも、待ち合わせ場所に現れたメグさまを見た瞬間、そんな不安は全部吹っ飛びました


『顔出しNG』なので、ここでは顔をお見せすることは出来ませんが、背の高い、切れ長
の目をした相当な美人です。
Mのボクはメグさまを見た瞬間「この女性ならなにをされてもいい」と思ったほど魅力
的な女性です。

IMGP0055-H400.jpg


「アタシでいいの?」
とメグさま。悪いはずありません。
「はい、もちろんです。ボクで大丈夫ですか?」
「・・・いいわよ」
彼女のツンとした返事がますますボクのM心をくすぐります。
もうメールのやりとりで話は出来ているので、ボクたちはラブホへ直行しました。

IMGP0042-W400.jpg


ラブホの部屋に入って、実際のSMプレイは初めてのメグさまにはソファーに腰かけてもらい、Mのボクはその足元の床に座ります。
しばらくはお互いのことを知るために雑談します。
でも、雑談してる最中でもボクは、彼女の綺麗な脚、白い太腿、ミニスカートの奥にチラッと見えるパンティーに目が行ってしまいます。

IMGP0044-W400.jpg


「じゃぁ、そろそろ始める?どおすればいいの?・・・、奴隷は『ご挨拶』するんでしょ?」
彼女の言葉でちょっと和んでいた部屋の空気が、SMプレイのピーンと張り詰めた空気に一変します。
「ハイ・・・」
ボクは彼女の足元の床に座り直します。
「初めまして、メグ女王様。今日はお越しいただきありがとうございました。これからメグ女王様の奴隷になりますから『ご調教』よろしくお願いします」
ボクは彼女の足元の床に額を付けて『女王様へのご挨拶』をしました。
ボクが額を床に付けていると、メグさまはボクの頭の上に足を乗せてきました。
「どお?どんな感じ?」
「ハ、ハイ・・・うれしいです・・・」
「フフッ、うれしいんだぁ?こんなことされて・・・」
「ハイ」
ボクは初めて会った女性にもう頭を踏まれている、この屈辱感に感じていました。

d_01.gif
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

                       M男憧れの大迫直子女王様 長身の千晶女王様です↓                        この黒ギャルに弄ばれたい 梅宮リナさま、こんなギャル系美女に弄ばれたい 梅宮リナさまのドSっぽい台詞が素敵

Copyright ©奴隷犬~М男の女王様服従記録. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。