FC2ブログ

奴隷犬~М男の女王様服従記録

女王様とのリアルなSMプレイと生画像を公開しています

プロフィール

M男奴隷

Author:M男奴隷
S女性さま、同嗜好のM男性のみなさま、リアルなSMプレイ、フェチプレイをお楽しみください。

同嗜好のM男性さま、S女性さまからのお便りは大歓迎です。お気軽にコメント頂けたら参考にさせて頂きますので宜しくお願い致します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヴ女王様-122

2010.10.30

category : リヴ女王様

↓↓「ほら!欲しいんだろっ!チンポが…」
  「あ~ん!リヴさまぁ!欲しいですぅ!…」↓↓



リヴさまにいくら辱められても、もうボクは中途半端で納まりません。
「リヴさま…奥までくださ~い!…」
「ハハッ!…そんなに“チンポ”欲しいの?」
「は、はい…」
「じゃ、自分でケツ動かして、奥まで入れてみな?!」
「は、はい…」
ボクは、お尻に半分突き刺されているペニスに、自分から腰を押しつけていきます。
でも、意地悪なリヴさまは、ボクがお尻を押しつけていくと、反対に腰を引いていき、なかなか入れて貰えません。
「ああ~ん!…リヴさま~!」
「ハハハッ!バカな男ぉ!…面白~い!」
リヴさまに焦らされ、嘲笑われながらも、もうボクのマゾ心はおさまりません。
お尻を突き出し、リヴさまのペニスにアナルを押しつけていきます。
「フフッ、欲しいのぉ?」
「は、はい…欲しい、ですぅ!…」
「ほら!じゃ、もっとオネダリしな!」
「は、はい、リヴさま…リヴさまのチンポ…ケツマンコに入れてくださ~い!奥まで頂だ~い!」
「ハハッ!バ~カ!…ド変態!…そんなに欲しいなら、ほら!入れてやるよっ!」
リヴさまのS心に火が点いたようで、リヴさまは、ボクの腰をガッシリ押さえ、ペニスを一気に奥まで突っ込んできました。
「ヒィ~~ッ!!…」
アナルを強制的に広げられる感覚…オゾマシイ痛み…ボクは思わず悲鳴を上げてしまいます。
でも、ボクの悲鳴を聞いたリヴさまは、ますますS魂に火が点きます。



↓楽しんで頂けたらぜひとも一押しお願いいたしますm(_ _)m↓
d_01.gif

エログ-(エログランキング)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

comment(3)  trackback(0)

リヴ女王様-121

2010.10.19

category : リヴ女王様

↓↓お尻に感じる鈍い痛み…
  「ああ~ん!…リヴさま~!奥までくださ~い…」↓↓



でも、サディストのリヴさまは、ボクが『気持ちいい』と言うと、わざと意地悪をします。
ペニスの半分も入れないで止めてしまうのです。

ここまでくると、ボクのほうも中途半端では抑えられません。
「あ~ん…リヴさまぁ…」
「なぁに?もっと入れて欲しいの?」
「は、はい…」
「じゃ、そう言ってみな!」
「あ~ん…もっと入れてくださぁい…」
「フフ、何を?」
「リヴさまの“チンポ”…」
「それを?どこに欲しいの?」
「お尻に…」
「違うだろっ?!」
ピシン!!
「は、はい…“ケツマンコ”ですぅ!…ケツマンコに欲しいですぅ!」
「だったら、もう入ってるじゃない?フフッ」
「も、もっと…」
「なぁにぃ?もっと奥まで欲しいの?」
「…はい」
「じゃ、そう言わなきゃ…わかんないわ!…『奥まで頂だい』は?」
リヴさまは、わざとボクに恥ずかしい言葉を言わせ、言葉責めをします。
「は、はい!リヴさまぁ~!…奥まで頂だ~い!お尻の奥までチンポ入れてくださ~い!」
「ハハハッ!ヘンタイ!…『ケツの奥までチンポ頂だい』なんて、男のくせによくそんな恥ずかしいこと言えるワネ?!…普通の男なら絶対言わないわよ?そんなこと…(笑)」
リヴさまは容赦なくボクを辱めます。



↓楽しんで頂けたらぜひとも一押しお願いいたしますm(_ _)m↓
d_01.gif

エログ-(エログランキング)

comment(3)  trackback(0)

リヴ女王様-120

2010.10.11

category : リヴ女王様

↓↓「ほら!気持ちいいの!?」
  「は、はひぃ~気持ちいいですぅ~!」↓↓



リヴさまの微妙な腰使い…多少お尻に痛みはありますが、それよりもお尻が広がる快感で、ボクの口から溜息が漏れます。
「フフッ…どお?」
リヴさまはボクの尻をガッシリ抱え、腰をゆっくり動かしながら聞きます。
ゆっくりだと、お尻の痛みもあまり無く、それよりも『女性に姦されている』という快感のほうが上回っています、それも崇拝するリヴさまに姦して貰えるなんて…。
「ああん!…リヴさま!気持ちいいですぅ!…」
「フフッ、女に姦られて、気持ちイイの?…このヘンタイ!」

ピシーーン!!

ボクはお尻をキツク引っ叩かれます。
「は、はい…」
「フフッ、じゃこれわぁ?」
リヴさまは、スーッとペニスを引き抜くと、今度はゆっくりペニスをお尻に入れてきます。
「あっ、ああ~ん!…」
アナルに進入する異物感、ゆっくり広げられるなんとも言えない快感にボクの口から溜息が漏れます。
「気持ちいいの?」
「は、はい…気持ちイイですぅ!…」
でも、サディストのリヴさまは、ボクが『気持ちいい』と言うと、わざと意地悪をします。
ペニスの半分も入れないで止めてしまうのです。



↓楽しんで頂けたらぜひとも一押しお願いいたしますm(_ _)m↓
d_01.gif

エログ-(エログランキング)

comment(0)  trackback(0)

                       M男憧れの大迫直子女王様 長身の千晶女王様です↓                        この黒ギャルに弄ばれたい 梅宮リナさま、こんなギャル系美女に弄ばれたい 梅宮リナさまのドSっぽい台詞が素敵

Copyright ©奴隷犬~М男の女王様服従記録. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。